So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

移植者の為の栄養指導講座 [東京女子医大 移植者の会]

今回はミニ移植塾の開催報告です。

テーマは「移植者の為の栄養指導講座」という事で
女子医大栄養管理部の「立松栄次」次長をお迎えしての会でした。
当日は20名限定の企画として実施しました。
(参加出来なかった方、ゴメンナサイ)

先ず第一部としては、1週間の食事記録票を事前に提出しておいたものに対して
立松さんから講評を頂き、良い点、悪い点などのコメントを頂きました。

第二部としては、フリーディスカッションとして、様々な質問に対して
立松さんからコメントを頂きました。

今回のポイントは下記の通りと理解しました。

1.先ずは自分の適性体重を知る
(私の場合は64kgぐらい。現在10kg以上オーバー(汗)
2.次に自分の適性摂取カロリーを知る
(私の場合、1550Kcal。キビシー)
3.適正カロリーを超えて食べると太る・・・

大体7000Kcal過剰になると1kg増えるんだとか・・・
1kg減らすには7000Kcal減らせば良いそうですが。

それとやはりお酒は控えめが良いようですね。
最近平日はほとんど飲んでいないので、
体重は減少傾向。これからの忘年会シーズンとお正月をどう乗り越えるかが
当面の課題となりそうです。

なんて事良いながら、終了後には中華料理で懇親会(爆)
「今日は良いんだよ~」という立松さんの明るい指導の元、
また飲んでしまいました!

ミニ移植塾.JPG


移植腎を長持ちさせるには(移植塾開催!) [東京女子医大 移植者の会]

9月10日(土)、日本教育会館にて移植塾を開催致しました。
今回のテーマは「移植腎を長持ちさせるには」と、非常に気になるテーマだった為か、
当初想定していた人数を大幅に超え(150人)、会場に入りきれない参加者となった為、
締め切り日以降に参加連絡して頂いた方や、お二人での参加をお一人の参加して欲しい旨の依頼を出したりと、開催前からかなりバタバタとしてしまいました。
今回参加出来なかった方、本当に申し訳ありませんでした。
ただし、今回このようなお願いをさせて頂いた結果、120名の参加となり、
特に会場が混乱する事もなく、無事開催する事が出来ました。

さて本題ですが、今回は腎臓外科の「甲斐耕太郎先生」をお招きし、
上記の通り、「移植腎を長持ちさせるには」のテーマにてご講演を頂きました。

個人的に気になったのはガンや心臓病に関する内容で、移植後15年、45~50才ぐらいが
発病する山場という事です。
年齢も近いし、移植後年数もまさに丁度16年経ちましたので、
思いっきり条件にフィットしてしまいます(ギクッ)
そして最後に肥満の話(ギクッ)

もうジャブの嵐で、最後にとどめのアッパーパンチを食らったようで
笑い話では済まないな・・・という感じでした(汗)

またカリニ肺炎については、泌尿器科では予防としてバクタを処方されますが、
外科は処方されない・・・との噂がありましたが、同様に予防についての
話がありましたので、やはり気をつけなければならない事も分かりました。
(特定の地域にお住まいの方が発症しているようですが・・・
やはりオリンピックや万博のせいか??)

尚講演内容については12月発行の会報にまとめて掲載する予定です。


Kai.JPG
甲斐耕太郎先生

甲斐先生の講演後には長期生着者による体験談のスピーチを行いました。

スピーカーとして移植後28年のKさん、17年のHさんよりユーモア交えての
体験談を披露して頂けました。

Kato.JPG

Hoshi.JPG

そして・・・
いつもの通り懇親会へと流れていく当会メンバーでした。
(50名以上の参加で、ほとんど新年会なみの規模でした)

さて、次のイベントはバーベキュー大会です。
場所は葛西臨海公園のバーベキュー広場。

大盛況になる事を期待しています。



**************************************************
東京女子医大 移植者の会(あけぼの会)HP:http://www.geocities.jp/akebonokai2000/
Mail:akebonokai2000@yahoo.co.jp












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

待機者の為の移植塾開催しました! [東京女子医大 移植者の会]

7月10日(日)に、現在移植を希望する為の方(待機者)向けの勉強会である
「待機者の為の移植塾」を開催しました。(@全水道会館 5F 中会議室)
今回は待機者の方はもろんの事、女子医大の看護師の方、
日本臓器移植ネットワークの方、女子医大のソーシャルワーカーの方も
多くにも参加して頂き、総勢60名近くと大盛況となりました。

まず東京女子医大の看護師(コーディネーター業務兼務)である
岡部祥看護より、腎臓移植全般についての説明をさせて頂きました。
女子医大における腎移植全般に関する説明で、とても分かりやすい
内容で、待機者の方にとって「腎臓移植」についてどのようなものか?
理解出来たと思います。
岡部.JPG
岡部祥看護師

次に当会では初めての試みとなりますが、
日本臓器移植ネットワークの「芦刈淳太郎氏」をお招きして
臓器移植ネットワークの役割や、レシピエント選定基準などについて
ご講演を頂きました。日頃あまり交流のないネットワーク方からの
講演で、貴重なお話しを頂き、とても勉強になりました。
芦刈さんは、先日初めて実施された15才未満の脳死ドナーからの移植実施の時にも
メディアへの対応をされておりましたし、本日(7/17)に実施された
日本移植学会、日移協主催の市民講座へも講師として参加されていました。
芦刈.JPG
芦刈淳太郎 チーフコーディネーター

最後に移植にかかるお金の話として、東京女子医大 八千代医療センターの
ソーシャルワーカーである、「縄島正之」さんより講演を頂きました。
移植後にかかるお金は誰でも心配なものですが、
今回の講演で、ほとんど掛からない事を待機者の方へお伝えする事が
出来たと思います。また当日は女子医大本院のソーシャルワーカーの方も
多数参加され、様々な情報交換をさせて頂く事も出来ました。
縄島.JPG
縄島正之 ソーシャルワーカー

今回は今までに一番充実した待機者の為の勉強会になったのではと
勝手に思っています。(その分来年以降が大変ですが)

最後に・・・
今回ご参加頂いた会員のIさんが、つい先日脳死からのドナーが出たとの
連絡があり、無事膵腎同時移植を行う事が出来ました!!

当会の待機者の為の移植塾に参加された方では、開催日翌日に
病院に呼ばれて移植された方もいらっしゃり、何かの縁を感じます。
これで、当イベントへ参加された方で直後に呼ばれた方がこれで3名になりました。
宝くじの宣伝ではないですが、
「当会へ参加すると、献腎移植に呼ばれる可能性は大きい」かも。

来年も同様の会を開催しますので、皆さん是非ご参加下さい!

**************************************************
東京女子医大 移植者の会(あけぼの会)HP:http://www.geocities.jp/akebonokai2000/
Mail:akebonokai2000@yahoo.co.jp

ミニ移植塾開催! [東京女子医大 移植者の会]

011年7月2日(土)、ルノアール四ッ谷店マイスペース会議室にて、
初めての試みであるミニ移植塾を開催致しました。
これは「移植塾」の本来の趣旨であった、
「先生や患者同士が膝をつき合わせて何でも意見交換出来る場」の提供を
実際に実現する為のものです。
現在年に2回開催している「移植塾」は参加人数も非常に多くなり、
当初の趣旨から乖離している為、敢えて人数限定での開催とさせて頂きました。

ミニ移植塾.JPG

今回は泌尿器科の清水朋一先生を囲んで、様々なテーマについてディスカッションしました。

①グラセプターを忘れた時にはどうする?
②海外旅行中の薬の飲み方は?
③現在クレアチニンが高いがどうすれば良いか?
④セルセプトの服用回数を減らせないか?
⑤息子がレシピエントだが、現在クレアチニンが高い。どこまで下げられるか?
⑥リツキサンの効能は? 

これらについて約1時間半の時間で様々な意見交換を行う事が出来、
とても有意義な会となりました。

終了後には、清水先生を再度囲んで懇親会を行いました。
この懇親会でも様々な意見交換を行う事が出来たと思います。

今後もこのような会を続けていければ良いと思います。


懇親旅行 in 安曇野! [東京女子医大 移植者の会]

今回は6月11日(土)~12日(日)の1泊2日で実施した懇親旅行の報告です。

行き先は、松本、浅間温泉、そして現在NHK連続ドラマ「おひさま」で
有名となった安曇野です。

岡崎在中の私は東京組とは別行動で、松本への集合時間より
早めに名古屋から松本入りしました。

当日東京は大雨だったらしく、しかも茅野周辺による倒木の為
少し電車が遅れてしまったようです。お城好きの私は
集合時間より1時間半ぐらい早めに松本入りしたので
ゆっくりと松本城を見学出来ました。

が、当日は「おひさま」効果?の為か、すごい人数が
松本城へ詰めかけてしまいました。

松本城2階から6階の天守閣最上階まで、40分もかかるとの
張り紙を発見! 中には時間の都合上諦めて帰ってしまう人が
続出しました。恐るべし「おひさま」効果(笑)

松本城.JPG
国宝松本城

その後まだ時間もあったので、これまた有名な開智学校へ足を伸ばしました。
(当会役員のHさんは、江戸っ子ではないですが、「かいきがっこう」と
発音するので、ちょっと笑ってしまいました。Hさん、すみません。

開智学校.JPG
開智学校

開智学校を見学中に東京組が松本に到着したとの連絡を受け
再度松本城へ移動しみんなと合流。
東京組が松本城を見学後、浅間温泉の「静保庵 小柳」へ。

幹事のHさん、曰く、週末は2万円以上の宿との事。
今回は特別割引月間との事で、安く予約出来たそうです。
Hさん、本当にありがとうございます!

夕食も豪華で(写真取りませんでした)とても満足。
とくにサービスが行き届いていて本当に良かったです。
夕食後は部屋にて2次会。会長が持ってきた幻の焼酎
「森伊蔵」の一升瓶を開け、久々においしいお酒を飲めて
本当に大満足の夜でした。(実は残った森伊蔵は我が家に・・)

翌日はレンタカーでの安曇野地方巡りです。

先ずは「安曇野ちひろ美術館」へ。言わずとしれた
岩崎ちひろの絵や絵本、他関連するものが展示されている
美術館です。みんないろいろお土産を買ったりしたので
1時間ぐらいはいたでしょうか?

その後これまた有名な「大王わさび農場」へ。
近場の蕎麦やで昼食をとった後、みんなで見学しました。
一部の人は(というより大勢?)はわさび漬け体験を行い、
観光客が注目する中、一生懸命わさび漬けを作りました。

違うグループはわさび畑を見学したり、わさびソフトクリームを食べたりしながら
ゆっくりと農場を楽しみました。

わさび大王1.JPG

わさび大王2.JPG

最後にみんなのリクエストにより、かりんとう工場へ。
工場と行っても、歴史のあるこじんまりとした旧家という感じです。
(昔はお酒を造る酒蔵だったとの事)
実際ここは国の有形文化財との事です。かりんとうの焼きたてを少し
頂きましたが本当においしかったです!

かりんとう蔵久.JPG
かりんとうの蔵久

という事で今回の旅行も、当初の天気予報(2日とも降水確率70%)を覆して
終日雨にたたられる事もなく、無事終了しました。
これも日頃の行いが良い証拠と勝手に思っています(笑)

今回参加されなかった皆さんも来年は是非ご参加下さい!
***************************************************** 東京女子医大 移植者の会(あけぼの会) HP:http://www.geocities.jp/akebonokai2000/ Mail:akebonokai2000@yahoo.co.jp

2011年 移植勉強会開催! [東京女子医大 移植者の会]

またまた掲載が滞ってしまいました。
今回の勉強会でご指摘頂いた方、ありがとうございます。
結構見てくれていたんですね。という事で先ずは先週行った移植勉強会のご報告です。
(今後も1週間に1度の更新目指します)

先ずは総会のご報告から。

13:30~ 2011年の総会を行いました。
今年の目玉?は、ズバリ「ミニ移植塾」というイベントを年に3回程
開催予定とした事です。
少人数制で、ドクターと膝を交えた議論が出来る事を目的としているので
定員制を予定しています。皆様のご理解をお願いします。

皆様のおかげで無事すべての議案が承認されました。
今年度もよろしくお願い致します。

さて、ここから勉強会です。

先ず女子医大泌尿器科主任教授の田邉一成先生をお迎えし、
「慢性拒絶、再発の治療法について」をテーマに
ご講演を頂きました。
会場は140名の熱気に包まれていましたが、時間になっても
肝腎の先生が講演時間になってもいらっしゃいません(汗)

雨の中会場の外でお待ちする事十数分。
携帯へ連絡しても呼び出し音はするものの出られません。
最後には留守番電話になってしまい、マジ焦ります・・・

みんなが不安になっていたところ、やっとの登場で
一安心(雨だったので道が混んでいたとの事。当日の外来も
ぎりぎりまで対応されていたそうです。)

会場の皆さんが拍手でお迎えして、息つく間もなく講演が
スタートしました。

DSC01683.JPG
田邉一成先生

今回は特にドナーとレシピエントとの間にある抗体が、拒絶や慢性拒絶に影響する事に
注目し、それに対する治療について学会発表用の資料を中心にご講演頂きました。
ちょっと難しい内容と感じられた人もいたと思いますが、
とても参考になる内容でした。詳細はあけぼの会会報へ掲載しますので
お楽しみに!

次に、一度移植腎が残念ながら廃絶された方をお迎えしての
公開座談会を行いました。(ナビゲータは役員のUさんと私)

ちょっと話の内容がそれてしまったところもありましたが
ユーモア交えての体験談は、皆さん参考になったのではないでしょうか?

DSC01764.JPG

雨の中ご参加頂いた皆さん、今回は本当にありがとうございました。

引き続きあけぼの会へのご参加をお願い致します。





*****************************************************
東京女子医大 移植者の会(あけぼの会)
HP:http://www.geocities.jp/akebonokai2000/
Mail:akebonokai2000@yahoo.co.jp













余丁町クリニック主催の勉強会に参加して来た! [東京女子医大 移植者の会]

本日、余丁町クリニック主催の勉強会に参加して来ました。
※正確にはNPO 腎泌尿器疾患研究所が主催です。

講師は泌尿器科准教授の石田英樹先生。
テーマは「移植腎の管理-上級編-」との事で
「上級編」という言葉にくすぐられますね。

場所はいつもの通り「発明学会」 3Fのセミナールームでした。

当方、あけぼの会役員のUさんと一緒に受付を行う為
開始時間の30分ぐらい前に開場に到着したのですが、
既に15人ぐらいの参加者がおり、慌てて参加者名簿に記入をお願いする事に・・・・
(渡辺院長、ごめんなさい)

最終的には50名以上が参加したと思われます。
(石田先生の人徳でしょう!)
会場.JPG


内容は、学会で発表される資料をモディファイしたもので
結構難しい話も多かったですが、IgA腎症やFGSに関する予後に
関する話題があり、非常に興味深いものでした。

IgA.JPG

FGS.JPG

勉強会終了後、私と移植時期が同じぐらいの方が
女子医に入院されているという事で、数人でお見舞いに行ったのですが
今回は残念ながらお会いする事が出来ず、若松河田のTURRYSで
お茶して散会。(ここで会員のIさんに偶然遭遇。彼女にはその後不幸が・・・)

来週からは会報の編集会議やイベントが続くのでちょっと忙しくなりますが
頑張ります。(4月末まで続く??)

*****************************************************
東京女子医大 移植者の会(あけぼの会)
HP:http://www.geocities.jp/akebonokai2000/
Mail:akebonokai2000@yahoo.co.jp



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

移植勉強会 in 名古屋 [東京女子医大 移植者の会]

2月13日(日)日本移植者協議会主催の「移植勉強会」へ参加して来ました。

場所は金山駅すぐ側の「名古屋都市センター」です。

今回は心臓移植、肺移植、肝移植、腎臓・膵臓移植、移植全般を
それぞれ専門のドクターの方がお話し頂けるという事で
楽しみにして参加致しました。

当初あけぼの会関係者は私ぐらいかな?思っていたのですが
受付でいきなり会員のMさんご夫妻と遭遇してびっくり!
本日講演される藤田保健衛生大学病院の杉谷先生(膵腎同時移植の権威!)から
お誘い頂いたとの事。うーん、杉谷先生ってなんかスゴイ・・・

なんて事を思いながらMさんご夫妻と歓談していると、
後ろから背中をたたかれ、振り返るとそこには
また会員のIさんご夫妻が・・・ という事でいきなり2度目の
びっくりとなった次第です(笑)
(今日はあけぼの会のイベント??と一瞬錯覚しました)
両ご夫妻とも2泊3日の日程での名古屋遠征とか。

さて本題ですが、初めて聞く心臓、肺、肝臓移植の内容もそうですが
各講演者の方が共通で言われていたのが、日本における移植が
かなり遅れている事で大変興味深い内容でした。
もちろん多少の知識はあったので日本の移植医療が遅れている事は
重々承知していたつもりだったのですが
今回の講演を聴いて改めて再認識させられました。

またマスコミの偏重した報道傾向にも苦言を呈しておりました。

今回は移植医療について各医療機関への啓蒙活動をされているドクターの
講演もあり、上記の事を熱弁をふるって力説されていました。
現在はなかなか難しい脳死移植の啓蒙も、今後若いドクターによって
徐々に意識が変わってくる事を期待しています。

という事で私にとっては非常に有意義な一日となりました。

終了後は1Fのカフェで杉谷先生含めてお茶して帰宅。
(懇親の飲み会には胃潰瘍の為、なくなく欠席。未だに悔やまれます)

DSC00896.JPG
<藤田保健衛生大学病院の杉谷先生>
 



第21回 移植塾のお知らせ [東京女子医大 移植者の会]

既に会員の方へは往復ハガキにてご案内させて頂いておりますが、
下記の通り第21回「移植塾」を開催させて頂きますので
ここでもご案内させて頂きます。

日時:2011年3月12日(土) 14:00~16:30(13:30開場)
場所:発明学会 3F セミナールーム
テーマ:「膵腎同時移植の現状について」
講師:東京女子医大 腎臓外科 村上 徹 先生
参加資格:あけぼの会 会員のみ
     ただし、当日会員になって頂くか、500円の参加費で 
     どなたでも参加可能です。

また当日は膵腎同時移植をされた方の体験談発表を予定しています。

尚、終了後には下記にて懇親会を予定しています。
(会費4000円)

待機者の方も含め、皆さんのご参加をお待ちしております。




*****************************************************
東京女子医大 移植者の会(あけぼの会)
HP:http://www.geocities.jp/akebonokai2000/
Mail:akebonokai2000@yahoo.co.jp

岡崎市病院へ行ってみた [東京女子医大 移植者の会]

1週間ほど前から食後の腹痛に悩まされている・・・
このままにしてもいけないので、仕方なく現在の赴任先である岡崎の
「岡崎市民病院」へ行ってきました。

DSC00879.JPG

ここは岡崎で唯一腎移植の予後管理が出来るという事で
一度顔を出したいと思っていたのですが、
なんと土曜日が休診という事で、さすがに今までは
行けませんでした。
丁度良い機会?なので2科の初診申し込みをしました。

初診受付申し込みをして待っていると、どこかで見たような
パンフレットが目につきました。
良く見てみると、昨年7月以降に新しくなった
ドナーカードやその案内のパンフレット!

DSC00875.JPG

これ、なかなか手に入らないので、今まで実施していた
ドナーカード配布活動が出来なくなっていたんです。
まさかここで目にするとは・・・
ちょっと嬉しくなったので、1セット入手して鞄の中へ(笑)

さて、問題の腹痛の方は検査の結果?消化器系の問題という事で
(ある意味当たり前なんですが)、来週の月曜日に胃カメラの

検査をする事で終了(当日はいきなり出来ないとの事)

その後泌尿器の外来へ。

既に13時になっていましたので某病院とは違って
既に人もまばらな状況。

DSC00877.JPG

今回受診の経緯を説明し、緊急時には予後管理のお願いをして
そのまま終了。

院外処方での薬を受け取った時には既に14時半で、バスに乗って帰宅しました。

これで緊急時の対応も万全です!

*****************************************************
東京女子医大 移植者の会(あけぼの会)
HP:http://www.geocities.jp/akebonokai2000/
Mail:akebonokai2000@yahoo.co.jp
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。